アクティブサポート

アクティブサポートのヒアリングはどんな内容を聞かれる?ファクタリング審査結果への影響は?

ファクタリングのヒアリング

アクティブサポートのファクタリングサービスに申し込むと、電話にて10分程度のヒアリングを受けることになりますが、何を聞かれるのか不安ですよね?

初めてファクタリングを利用する場合は、「ヒアリングで受け答えを間違ったら、審査に落ちたりするのかな?」と心配になってしまう事もあるでしょう。

ヒアリングで確認されるのは難しい事柄ではなく、事業や売掛債権について経営者であれば知っている基本的な情報です。

とはいえ前もって準備をしておくと心に余裕を持って受け答えできますから、この記事を参考に準備しておきましょう。

誠実にスムーズに受け答えできるようヒアリング前に準備しよう!10分程度のヒアリングでも人となりが見られる

ファクタリングのヒアリングでは、以下のような目的があります。

  • 売掛先や取引内容など基本的な情報を確認する
  • 申込者の人柄をチェックする
  • ファクタリングサービスの内容について説明する
  • 案件ごとに、審査で必要な書類を確認する

アクティブサポートは初回利用時でも面談が必須ではないため、ヒアリングで人柄もチェックされると思っておいた方がいいでしょう。

正確に回答できるよう、事業や売掛債権に関する基本情報が確認できる書類を準備してヒアリングに当たるのもオススメです。

ヒアリングは審査結果にも影響する?

ファクタリングでは、基本的には「売掛先の信用力」を重視した審査が行われますが、最終的には取引状況・事業規模や内容・経営者の人柄なども含めて総合的に判断されます。

嘘をついたり、経営者として知っていて当然の基本事項が答えられなかったりすると、アクティブサポートのスタッフから信頼を得られない可能性もあります。

誠実な人柄を印象付けられるよう、質問には正直に、スムーズに回答できるようにしておきましょう。

電話で問合わせるとそのままヒアリングに移行するので注意

アクティブサポートでは「電話」と「WEB」のどちらでも申し込みができますが、電話で問い合わせるとそのままヒアリングに移行します。

準備不足で焦ってしまわないよう注意しましょう。

WEBのフォームから申し込んだ場合は、アクティブサポートからの折り返し電話でヒアリングとなります。

アクティブサポートのファクタリング申込後、ヒアリングではどんな内容を聞かれる?

公式サイトの内容や口コミをもとに、アクティブサポートのファクタリング申し込み後、ヒアリングでよく確認される内容をまとめました。

調達希望金額と調達希望日

ファクタリングのヒアリングでまず確認されるのが「調達希望金額」と「調達希望日」です。

ファクタリング会社によって取り扱い可能な調達金額が決まっており、手数料にも大きく影響します。

アクティブサポートでは300万円以下の少額取引を得意としています。

  • 資金調達はいくら必要か?
  • いつまでに振り込みを希望しているか?
  • 調達した資金使途

上記のような内容を確認されることが多いです。

また、即日振込を希望しているなど、急いでいる場合は必ず期限を伝えるようにしましょう。

売掛先の基本情報&請求内容

売却可能な売掛金が無いと、そもそもファクタリングを行うことができないので、「売却可能な売掛金が本当に存在するかどうか?」の確認も行われます。

「売掛先は個人ではないか?」「すでに他社に売却済みでないか?」といった根本的な部分の確認です。

また、アクティブサポートの審査では「売掛先の信用力」が重視されます。

社名や事業内容といった売掛先の基本情報であったり、取引内容や支払い条件などは説明できるようにしておきましょう。

  • 売掛先の基本情報
  • 取引内容
  • 請求金額
  • 支払い予定日
  • 支払い条件

上記のような内容を確認されることが多いです。

売掛先との取引状況や関係性

売掛先との取引状況や関係性、過去に支払い事故が起こっていないか?なども、信用に関わる部分なので確認されます。

  • 売掛先との取引年数
  • 年間取引金額
  • 過去の取引における支払い遅延の有無

初めての取引先より、何年も安定して取引が続いている取引先が信用できるという事です。

また、過去に支払いの遅延がある場合はリスクになるので信頼性が低下します。

会社や事業についての基本情報

申込者の営む事業についての基本情報の確認です。

  • 会社名や代表者名
  • 業種や事業内容
  • 売り上げ規模

上記のような内容を確認されることが多いです。

とくに、企業情報が公開されている法人と違い、個人事業主の場合はアクティブサポートが事業の実態を把握しにくいため、詳しく聞かれる可能性があります。

また、ファクタリング希望額と売上額のバランスをチェックするために、売り上げ規模を聞かれる場合もあります。

その他、一般的にファクタリングのヒアリングでよく聞かれる内容

アクセルファクターのヒアリングで聞かれる可能性の高い内容をまとめましたが、それ以外で一般的にファクタリングのヒアリングでよく確認される質問を上げておきます。

  • 代表者についての基本情報
  • 財務状況
  • 他社の利用状況

ファクタリングの審査では、財務状況や決算内容はあまり重視されません。

アクティブサポートでも、「融資を断られた」「赤字経営」「税金滞納」といった財務状況の良くない場合でも利用できます。

ただし中には、融資やビジネスローンなど、借入金の状況を確認するファクタリング会社もあります。

ファクタリングの審査では信用情報照会は行われませんが、代表者に対して「過去に破産した経験があるか」「消費者金融の利用状況」などをヒアリングで確認する会社もあります。

ヒアリングはスタッフ対応を確認できるチャンス。不安なことはこちらからも質問して解消しよう

ファクタリングのヒアリングは、アクティブサポートからの質問に答えるだけでなく、こちらから質問できる場でもあります。

スタッフに直接相談できるのは、WEB完結型の売掛金買取サービスにはないアクティブサポートの魅力なので、不安に思っていることはこちらからも質問して、解消しておきましょう。

また相手が人柄を見ているのと同じように、こちらも「アクティブサポートのスタッフは信頼できそうかどうか?」をしっかり確認しておきましょう。

アクティブサポートは見積もり先行型!まずは買取金額を確認して決めればOK。相見積もりにもオススメ

アクティブサポートのヒアリングは、経営者であれば知っている基本的な情報の確認です。

ファクタリングの希望額・振込希望日・売掛先の請求内容や取引状況などは答えられるようにしておきましょう。

  • 30万〜300万円の少額買取に強い
  • 手数料2〜14.8%
  • 事務手数料&出張費が無料
  • 審査通過率90%以上
  • 個人事業主の買取実績も多数
  • 面談不要の郵送契約で全国対応
  • 対面契約なら最短・即日入金も可能

アクティブサポートは「通帳」と「請求書」があれば、最短30分で見積もりを取ることができます!

見積もり先行型なので、買取金額を確認してから利用を決めればOK。サービスに自信があるため、相見積もりも推奨されています。

まずはWEBの申し込みフォームから申し込んで、見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

関連記事
アクティブサポートで即日資金化
アクティブサポートで最短・即日資金化する方法!少額利用や個人事業主にオススメ

「アクティブサポート」は、最短で即日資金化もできるファクタリング会社です。 「少額利用でも手数料が安くて、即日入金可能なファクタリング会社」を探している中小企業や個人事業主にはとくにオススメですよ! ...

続きを見る

-アクティブサポート